お笑い番組はなぜ人気!? 陰陽五行でみてみましょう!

更新日:


JudaM /Pixabay

お正月といえば、今もバラエティ番組が人気なのでしょうか?

私の家は子供がテレビやDVDを観ることが多く、私自身が観ることはほぼありません。お正月に限らず、今もバラエティ番組は人気…という前提でお話を進めさせていただきます。

でも、それってなぜ?

いろいろな見方や考え方があるでしょうが、ここでは「陰陽五行」という東洋文化・哲学の基盤であり、漢方の基礎となっている世界観でみてみたいと思います。図を参照されながら、お読みください。

お笑い…それは、陰陽五行の「木火土金水」という五つあるグループのうちの「火」(火行)に含まれます。「笑」とか「喜」といった感情は、火の性質を帯びているという意味です。

ちなみに感情は、陰陽五行の中では「五志」と呼ばれ、5つの各グループごとに異なる感情が振り分けられています。木行は「怒り」、火行は「喜(笑)」、土行は「思(慮)」、金行は「悲(憂)」、水行は「恐(驚)」となります(以上『図説 東洋医学』学研より)

 

さて、お笑いは「火」の性格を持っています。ということは、めらめら燃えて、周囲あるいは私たちをあたたかくしてくれる。明るく灯してくれる、ということになります。「陽気」がいっぱいあふれているわけです。

それは突き詰めれば、お日様のようなもの!太陽!
だからこそ、人は集まる。注目する。日なたに集まるかのように。まるでツボミのようなカラダもココロもほころびだす。花開く。

だからお笑い番組は、いつも人気があり、活気があふれている…というわけです。

お笑いタレントが、芸能界でもいちばんモテる…というのも、このあたりが理由でしょう。

 

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

Blog Lanking

▼ランキングに参加しました。クリックして応援いただけると嬉しいです!

フォローしていただけるとブログ更新をお知らせいたします。

▼フォローしていただけますと、ブログ更新をお知らせいたします。

follow us in feedly  

-落語/演芸
-

Translate »

Copyright© けんこう研 , 2017 AllRights Reserved.