パーソノロジー(人相科学)で遊ぼう! 実践講座①  

更新日:


 

こんにちは!

当ブログ所長の矢島です。

 

今回は、わたしの顔をサンプルに、パーソノロジー(人相科学)をご紹介してみましょう!

まずパッと見て、この顔の特長・・・どこだと思いますか!?

 

答えは、

 

 

 

 

・・・・・・耳なんです。耳の高さ。

ちょっとわかりにくかったかもしれませんね。

 

初めはわたしも「耳の位置」と言われても、さっぱりわからなかったものです。しかし、注意して多くの人を観察していくうちに、耳の高低・前後・角度(起きた耳・寝た耳)・・・といったことがいくらかワカルようになりました。

 

さて、耳が低い…と言って、何を思い浮かべますか?

 

 

そうです、赤ちゃん!

わたしのキャラの特長は、まず赤ちゃんのような耳にあらわれている。

 

赤ちゃんは、聴き分けがありませんよね。そんなキャラが耳に反映している。

欲しいものが手に入るまで、ダダをこねる。「これじゃなくっちゃイヤ!」といった具合にね。

なんとも面倒です。お子さんを持った方ならわかるでしょうが、手こずらされますよね。

 

でも、逆を言うと、それってスゴイことなんです! 

こだわりが強い、どこまでも妥協しない。

完璧主義、とも言えるんです。高い水準で物事を成し遂げられる、ということ。

 

耳が低い、ということは、現実主義というよりは、理想主義。

----良きにつけ、悪しきにつけ、です。まるでルビンの壺(図参照)のように。

 

 

 

いかがでしょうか!?

 

長所は、短所。短所は、長所でもあります。TPOによって、観る人によって、その価値はめくるめくコインの裏表。

 どんなキャラクターも両刃の剣、上手に活かしたいものです。

 

かけがえのない世界でたったひとりの「あなた」、大切に。

保存

保存

Blog Lanking

▼ランキングに参加しました。クリックして応援いただけると嬉しいです!

フォローしていただけるとブログ更新をお知らせいたします。

▼フォローしていただけますと、ブログ更新をお知らせいたします。

follow us in feedly  

-人相
-

Translate »

Copyright© けんこう研 , 2017 AllRights Reserved.