「人生を楽しみ、幸福でありなさい」マハリシ

更新日:


人には「意識」があります。

その意識とは、例えるなら河のようなものでしょう。

河口から遥か源流まで辿ってゆくと、清らかな源泉にたどり着く。

ひたすらピュアなその意識の源流を、本書では「純粋意識」と呼んでいます。

超越瞑想を行うと、人は意識の奥底にある純粋意識にたどり着く、と。

なお本書とは超越瞑想―存在の科学と生きる技術(マハリシ・マヘーシュ・ヨーギ―著、マハリシ出版刊)のことです。

瞑想をはじめると、雑念やストレスは意識の中に、つぎつぎと浮かんでは消えてゆきます。まるで海の中の気泡のように。

そして雑念やストレスという淀みが消え、意識全体が澄んだときに、太陽のように無尽蔵な純粋意識をくっきりと観ることができる。

ストレスのないクリアな意識の世界へ近ずくにつれて、より明晰な知性、調和的なこころへと変容を遂げてゆきます。

これにともなって仕事も、プライベートも、より豊かなものへと導いてくれるはずです。

この「超越瞑想」という方法は、世界中のリーダーが実践していることで知られています。

すぐに思い出すだけでも、ビートルズ、映画監督のデビット・リンチやクリント・イーストウッド、ミュージシャンのケイティ・ペリーなど。

 

それだけ親しまれてきたのは、この瞑想法はリラックス効果が高く、それが科学的なデータとして裏付けられてきたことがまず挙げられます。

 

そしてその効果とともに、社会生活を営みながら行う事ができる、というシンプルさも挙げられます。

ゆえにハードなビジネスマンからも慕われている、というわけです。

 

ビジネスマンひとりひとりがより意識が高くなれば、会社の雰囲気もより明るく、生産性があがります。

会社が変われば、それは国家ひいては世界が変わっていくことを意味します。

■ 

なお、本書では超越瞑想についての具体的なメソッドについては一切ふれられていません。

超越瞑想を興したインドの聖人マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーにより、その哲学・世界観そして生きるための具体的な技術について書かれています。

 

決してラクに読める本ではないと思います。最初読んだとき、私もチンプンカンプンでしたが、3年かけてようやく腑に落ちてきています。

噛めば噛むほど味わいが深まる、そんな一冊と言えるでしょう。

これから読まれる方にとって、人生の指針となるかもしれません。


★追記…30年来の稽古仲間でゴッドハンドと賞賛される小顔セラピスト磯部さんから、以下のサイトをお知らせいただきましたのでご紹介します。

やらずにはいられない!マインドフルネス・TM瞑想の効果

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

Blog Lanking

▼ランキングに参加しました。クリックして応援いただけると嬉しいです!

フォローしていただけるとブログ更新をお知らせいたします。

▼フォローしていただけますと、ブログ更新をお知らせいたします。

follow us in feedly  

-ヨーガ/瞑想,

Translate »

Copyright© けんこう研 , 2017 AllRights Reserved.