子別れ 三遊亭歌之介

投稿日:


「大切なことはすべて落語から学んだ」と言ったのは、「痛くない注射針」を開発した下町のエジソン・岡野雅行さんです。

 

落語はいい。

古き良き日本があるからです。

ごみひとつ無駄にしないエコ社会も見えてくるし、亭主をあたたかく手玉に取る女房もいる。

金がなくとも、あくせく働かず。

呑んだくれでも、子宝だけは大切にする。

暴力って言ったって、ハリウッドみたく全滅までさせない。

だから、感度のいい若者たちは、今、落語にハマっている… か、どうかよくわかりませんが。

 

今回の古典落語「子別れ」、泣けてきます。笑えます。

感情が動くってことは、気が動くってこと。

カラダにいいのです。

 

噺家は、三遊亭歌之介さん。シブいです。いい噺家だとわたしは感じました。

イケメン噺家ばかりでなく、こういう本物を大切にしてもらいたいものです。

Blog Lanking

▼ランキングに参加しました。クリックして応援いただけると嬉しいです!

フォローしていただけるとブログ更新をお知らせいたします。

▼フォローしていただけますと、ブログ更新をお知らせいたします。

follow us in feedly  

-落語/演芸

Translate »

Copyright© けんこう研 , 2017 AllRights Reserved.