これからのママとパパへ。

投稿日:


乳幼児のカラダは大人と別物。

まだ娘が保育園のころ、うっかり放射線ホットスポットにある観光地に連れてゆき泥遊びをさせ、鼻血が止まらなくなったことがあります。

しまった!

このとき、乳幼児のカラダは、大人とは全く違うことを私は悟りました。

ご存知でしょうか?

3.11以降、東京の公園の砂場からは、子どもたちの遊ぶ姿がみられなくなっていることを。風景はあの日以来一変しているのです。

先日この話を同年輩のオヤジと話したところ、まったく意に介さない様子でした。

ママたちは子どもたちを守るために、社会の水面下であれこれと模索しながら暮らしているものです。私も見習いながらボチボチと。

皮脂腺から有害な物質を「汗」で出す。

さて、乳幼児とともに考えるべきは、これからママやパパになる人たちです。これから子どもが生れることを想定して、早いうちに準備しないといけません。

それにはコレ。前にもご紹介しましたが、炭素を利用した遠赤外線サウナ「スマーティ」が有効策としてあげられます。

皮膚の最奥にある皮下組織(図参照)に溜まった有害物質を汗とともに絞り出せる優れものです。

食物や大気・水分から摂取した有害な重金属・ホルモン・添加物およびコレステロールなどの老廃物などの汚れは、この皮下組織に沈殿しています。

このスマーティは、一般的な汗腺から出る水っぽい汗だけではなく、それとともに皮脂腺(図参照)からも汗を出すことができるため、この皮脂腺から有害物質を排泄できる、とメーカは記しています。

このような皮脂腺から有害物質を排泄するには、サウナや通常の運動では不可能だそう。30キロのマラソンをしなければかくことができないほどの運動量が必要なので、残留してしまいがちといいます。

このスマーティでしたら裸になってドームに入り、リラックスし寝ているだけ。低温なので、30分じっくり入っていられます。ゆえに芯からまんべんなく温めることができるのです。

実際に入ると、汗がダマになるほど床にたまります。バスタオルでふきとると、ぐっしょり濡れて重く感じるほど。メーカーは500ccから1リットル出ると言います。

ちなみに皮膚にたまった毒は滞留しやすく、体液を通じて全身にまわってしまうことで、脳神経などに悪い影響を与えます。

まず種を守る。そして畑を守る。

実際に私はもう10年近くこのスマーティに入る習慣がありますが、当初は黄色っぽい汗が出たものです。

そんな濃いのが溜まっているのが一般的ですし、スマーティならそれをかき出すことができる、ということ。

私はこのスマーティを仲間から安く購入し、家で愛用していますが、こちらで入らせてもらっていた時期もあります。もし体験されたい方は、利用してはいかがでしょうか。このほか代替医療系の医院や治療院、エステやサロンでも置かれている所があります。

さても、まずは父体(ふたい…私の造語)をデトックスする。生命の大元はこちらであることを忘れない。

言い方は悪いかもしれませんが、種を良くすること。

そして畑である母体を良くすることです。

(*)写真と図はネットからお借りしました。

【編集後記】:

わたくしスマーティのメーカの回し者ではありません(笑)。低温サウナといっただけではピンとこないかと思い、あえて商品名を出しています。日本発のスグレモノの一つだと思います。

 

Blog Lanking

▼ランキングに参加しました。クリックして応援いただけると嬉しいです!

フォローしていただけるとブログ更新をお知らせいたします。

▼フォローしていただけますと、ブログ更新をお知らせいたします。

follow us in feedly  

-
-,

Translate »

Copyright© けんこう研 , 2017 AllRights Reserved.