立川談志『鼠穴』。

投稿日:


還暦をすぎてからの談志さんが好きです。

伝統芸能は、経験値を積み重ねることで雰囲気が出てきますよね。

なるほど、若い噺家さん、達者な方、居ますよ。

でも、もの足りないな~。

意外なほど無意識で雰囲気…目に見えない情報、のやり取りをいつのまにか行っていて、ものの価値を決めていることに気づきます。

「落語は人」なんですね。

古典はお題目が決まっているだけに、あとは「人」が浮き彫りになるだけ。あらわにされる…こわっ!

アイディア勝負の世界との違いですな~。

さて、立川談志さん、今回は『鼠穴』です。えぐい噺かな。

31分ですが、お時間が許す方は、お楽しみください♬

【参考】DVD「笑う超人 立川談志×太田光」

70歳を過ぎた談志さんの高座です。「鼠穴」を聴くときは、いつもこれです♬

 

Blog Lanking

▼ランキングに参加しました。クリックして応援いただけると嬉しいです!

フォローしていただけるとブログ更新をお知らせいたします。

▼フォローしていただけますと、ブログ更新をお知らせいたします。

follow us in feedly  

-落語/演芸
-

Translate »

Copyright© けんこう研 , 2017 AllRights Reserved.