占術と東洋医学は兄弟!?

投稿日:


「占いは、治療・健康と一致する」

…ずっとそう思ってきました。

 

それはある占い師の方と出逢った8年前にさかのぼります。

わたしの気質をどんな東洋医療の医師よりも的確に読み取っておられた、…と感じたことがきっかけです。

 

しかしそれは、当然のことなのです。

占いであれ、東洋の医療や健康であれ、根っこにはともに陰陽五行の観方があるから。

 

「わたし」という人間は、どんな気を帯びた時に、どんな気を帯びたところで生まれたか!?

…その影響下に「わたし」はある。

 

それを結果から観ていくか(人相・手相⇔疾病)、あるいは原因(占星術・四柱推命など⇔気質・体質)を中心にたぐってゆくか!?

 

ピンと来るでしょうか!?…。

 

このことが見えてくると、たとえば「食」という問題も実は明らかになる。

「身土不二」という考え方は、「食」が時と土地の気を帯びた生命である、という観方が基本にある。そして、近場で採れた旬のものをいただく、という古来からの日本の養生法。

 

食と人との間にも相性があるわけです。

 

ちなみに『命証合診』(林秀靜・命証合診研究所代表、岡田研吉・岡田医院院長、袁世華・長春中医学院大学教授 共著)という本のサブタイトルは、<命理学と漢方治療の結合 体質と病気と運命が分かる>。

生まれつきの気質や体質により、かかりやすい病気について、多くの臨床例から実証されています。

梅雨にはハッカをスプレー! 

さても、能書きが続いてしまいましたね(笑)

ちょっと実用的なお話を。

これから梅雨に向かい、わたしはハッカ油を上手に活用してゆきます。

「息爽やか」みたいな、あれです。

 

ハッカの原液をアマゾンで購入して、ナチュラルミネラルウォーターで希釈。100均で買ったスプレーボトルに入れるだけ。

 

お部屋にシュッ!

玄関にシュッ!

下駄箱あたりにシュッ!

 

ジメジメの季節、スカッと効きますよ! 

ご存知のとおりハッカとは、ハーブ。

漢方薬としての生薬名は薄荷葉(はっかよう)。清涼、解熱、発汗、健胃などの目的で使われています。

つまりは、ハッカはそのような気を帯びているわけで、それをお手軽にスプレーとして利用しよう! …というわけですね。

ちなみにこのハッカとは、一説には2000年以上前からこの国で栽培されてきたとか(写真はニホンハッカ)。

わたしたちと付き合いが長く、なじめるのです。

ある売れっ子治療家は、施術ルームにハッカを噴霧していましよ。

お試しを!

 

【参考になるサイト】

手作りハッカスプレー:ハッカは制汗・虫除け・清掃など万能!赤ちゃんがいるご家庭でも安心。

Blog Lanking

▼ランキングに参加しました。クリックして応援いただけると嬉しいです!

フォローしていただけるとブログ更新をお知らせいたします。

▼フォローしていただけますと、ブログ更新をお知らせいたします。

follow us in feedly  

-代替医療, ,
-, ,

Translate »

Copyright© けんこう研 , 2017 AllRights Reserved.