虫歯が増えるワケ。

投稿日:


聞くところによると歯科医院は、コンビニよりもあるそうですね。そうしてみると、虫歯などの歯の病は、もはや現代病とみることができるのではないでしょうか。今日を象徴している。

さて、陰陽五行でみるなら、歯は水行です。歯は、骨の仲間であり、同じ水行グループになる。

で、虫歯はなんでできるか?

それは土行の影響が大きい。土剋水の関係です。土行といえば真っ先に思い浮かぶのが食であり、消化器系です。

すなわち食べるモノが歯の状態を左右する。それは甘いモノを食べ過ぎれば虫歯になることからも明らかでしょう。

現代人は砂糖を摂り過ぎていますよね。「子供の間食に何をあげようか!?」…と見回しても、砂糖のない菓子なんてありゃしない。焼き海苔がイチバン。

そんな状態だから歯医者さんがここまで増えたのかもしれません。

また、こんな見方もできます。

土行。…それは、大地そのものを意味しています。

きれいごとはともかく、今、日本の大地は放射性物質の影響で、大地が日々汚染されていることは、周知の事実。ここまで大地をいためた時代がかつてあったでのしょうか。そしてこれからもまた…。

そんな土行ヘの過度な負担は、やはり現代を象徴している。

 

そして、土行は現実的なお金社会の象徴です。言うまでもなく、ここに現代人の執着があり、エネルギーが滞っている。

そうこうして土行の乱れが、水行である歯をむしばんでいる。…というように今日を垣間見ることもできるわけです。

 

いえ、ネガティブ思考な話をしたいのではなく、より良くするためのヒントがこのあたりに埋もれていると、わたしは感じるから今回書いた次第です。

 

それは、鍼灸師がまず脈診して、気の状態を読むことに似ています。そこから調整は始まるのです。

Blog Lanking

▼ランキングに参加しました。クリックして応援いただけると嬉しいです!

フォローしていただけるとブログ更新をお知らせいたします。

▼フォローしていただけますと、ブログ更新をお知らせいたします。

follow us in feedly  

-代替医療
-

Translate »

Copyright© けんこう研 , 2017 AllRights Reserved.