「落語/演芸」 一覧

桂米朝『犬の目』。

2017/04/22   -, 落語/演芸
 ,

目をわずらい、お医者にかかったときの噺です。 患った目を取り出し、洗って干しておいたら、犬に食われてしまった。 なので、代わりに犬の目を入れといたところ…笑い転げるシュールな噺です。 お医者を権威づけ ...

立川談志『鼠穴』。

2017/04/15   -落語/演芸
 

還暦をすぎてからの談志さんが好きです。 伝統芸能は、経験値を積み重ねることで雰囲気が出てきますよね。 なるほど、若い噺家さん、達者な方、居ますよ。 でも、もの足りないな~。 意外なほど無意識で雰囲気… ...

『井戸の茶碗』古今亭志ん朝。

江戸って、どれだけ成熟していたのでしょうか!? 本当に驚かされます。 奪い合わない。それどころか譲り合う人々。 「受け取れない」と言って、小判が浪人と細川家家臣との間を行き来するのが、この噺『井戸の茶 ...

桂枝雀『あたま山』。

叔父が90歳で他界した。 晩年は若い看護婦さんを目当てに通院していたけれど、それまでは病院嫌いで世話になったことがなかった。   こういう健康っていいなって思う。 ちまちま食い物がどうしたとか、運動が ...

もっと感じやすい陰の時代へ。

昭和の大名人・古今亭志ん生師匠の「金明竹」から。     昭和の大名人にあげられる古今亭志ん生師匠(明治23年~昭和48年)の古典落語「金明竹(きんめいちく)」の高座です。10分ほどですが、 ...

柳家小三治 「金明竹」

2017/02/18   -落語/演芸

「爪をつんでおいでよ」と店主に言われた小僧さんの与太郎。猫の爪をつんでしまう。 屋根を滑り台にしているネコ。 なんとも、とぼけた空気感がたまりません。   こういうポーっとしたゆるい空気は、柳家小三治 ...

落語も個性化の時代…「土行」から「水行」へ!

2017/02/16   -落語/演芸,

食とは「土行」、現実の大人社会です。 「グルメって自称するんだったら、東京の空気なんて吸うんじゃねぇ」 そう言ったのは、噺家の立川談志師匠そのひと。 何よりも海を愛した師匠だけに、東京の空気は気にいら ...

子別れ 三遊亭歌之介

2017/02/12   -落語/演芸

「大切なことはすべて落語から学んだ」と言ったのは、「痛くない注射針」を開発した下町のエジソン・岡野雅行さんです。   落語はいい。 古き良き日本があるからです。 ごみひとつ無駄にしないエコ社 ...

日本のマンガ文化の体癖って!?

2017/02/11   -体癖論, 落語/演芸

マンガはお好きですか? 今流行りの『土竜の唄』を読みましたが、激しすぎてついていけませんでした。そういえば『進撃の巨人』も、刺激的すぎて読めなかったなぁ・・・。私には怖すぎます。   「日本のマンガっ ...

だくだく 立川志の輔

2017/02/03   -落語/演芸

  ビンボー長屋に引っ越してきた八五郎。 あまりに何もなくて、殺風景な部屋。白い壁に囲まれている。 いいことに隣の絵描きがあらわれる。 頼んで調度品の絵を描いてもらうことに。 次々と、白い壁 ...

Translate »

Copyright© けんこう研 , 2017 AllRights Reserved.